バスドラあるある

ドラム・DTM講師の佐藤です。

「バスドラが上手く踏めません!」
「バスドラが早く踏めません!」

ドラマーで、バスドラムの演奏に悩む方は大勢いると思います。
むしろ、全てのドラマーが、一度は経験する悩みかと思います。
そしてこの長い長いトンネルはずっと続きます。
そう…ドラムの上手くなるコツは、根性入れて練習あるのみ!
…では話が終わってしまうので、練習ではなくペダル、セッティングのお話を。

バスドラムから音を出すのに必要な物、そう、ペダルです。
まぁ、このペダルってのがものすごい種類がありまして、メーカーによっても割とクセみたいなものがあります。
セッティングもスプリングの張力 (テンション)がメインになるのですが、それ以外にも、結構細かく調整できるペダルも存在します。
これがドラマーを大いに悩ませるんですね。
もうセッティングにハマるとなかなか抜け出せません。
かくいう僕もずーっと試行錯誤を繰り返してきました。
今でもたまに違うセッティングを試したりします。
これだ!と思っても演奏方法変えたりすると、やっぱなんか違うなー、って感じの繰り返しでした。
僕はドラムを始める時に、まずペダルを買ったし、その後も何回か買い換えました。
仲の良いドラマーが気になるペダル使っていると、リハでペダル借してもらったりしたものでした。

そして、様々なペダルを試した結果、全ての要望を満たすマルチなペダルは『無い!』って結論に行きつきました。

先にも書いたように演奏方法が変わるのだから、踏みやすいセッティングが変わるのは当然なんですよね。
単純にヒールアップとダウンだけでも力の入れ方が変わるから、得意な方がやりやすいだけなんですよ。
ペダルのせいにするのではなく、苦手な事を頑張って克服しましょうって事w

『ペダルのせいにするのではなく』ここ重要です!
自分の経験からでもあるのですが、ペダルを買えば踏めるようになる!
って考える方が割と多くいます。当然、僕も思いっきりそうでした。
しかし、
ほぼなりません!!
買ってテンションが上がって練習量が増えた分上達するだけです。
買うな、とは言いません。
新しい機材を買うことによってテンションが上がって、練習量が増えるのも大事なことです。
マイペダルによって、毎回同じセッティングで踏める事も上達の一つの要素ですし、実際これいいな!って思えるものがあるのも事実です。
ただ、ペダルは試打程度ではわかりにくいので、慎重になって欲しいですね。

セッティングは技術に勝ることはないので、技術を磨く事の方が大事ですね。

最後に、ペダルのセッティングなんですが、生徒さんにもよく調整を頼まれます。
大体の方が、ダブルが上手く踏めなくてマイペダルを買うようですが、
多くの場合、

ダブルの二打目が遅れる→ビーターが早く返ってきて欲しい→スプリングのテンションMAX!!

みたいな感じで、スプリングがかなり強めになっていることが原因です。
これだと逆に重くなって踏みづらくなって一打目すら上手く踏めなくなっちゃってたりするので、
なかなか決まらないときは、スプリングの引っ張り過ぎに注意してあげてくださいね!
大事なのはそのペダルの特性を生かす、素直な踏み心地にしてあげることだと思います。

機材やセッティングの悩みもお気軽に相談ください!
G-Life Musicでは無料体験実施中です。

受付可能時間
  • 13:00〜22:00 (月曜定休日)
スクールの稼働時間は上記と異なります。
レッスン受講希望の方は、恐れ入りますが
お問い合わせから一度ご確認下さいませ。