シンコペーション~おまけ~

ドラム・DTM講師の佐藤です。

前回、前々回と二回にわたり『シンコペーション』について書いてきました。
何となく選んだテーマでしたが、やはり結構奥が深くて、ちょっと書ききれなかったので今回も同じテーマです!

さて、前回までで書いたように、シンコペは簡単にリズムの変化を付けれるので、上手く使いこなしましょう!ってことなんですが、
では、いざ作曲に使うとなると…DTMで作曲する人は避けがちになってしまいますよね。
そう、シンコペするとリージョン(MIDIイベント、クリップ)を小節単位で管理できなくなってしまうので、作業効率がグッと落ちます。
しかも、とりあえず作ろう、って時に何となく小節頭から作り始めてしまう人がほとんどだと思 います。
このように、めんどくさかったり、作り始める時に既に選択肢に無かったりするのですが、まずはめんどくさがらない事、
ちょっと聞きなおすのに、「小節頭からじゃ音がでねぇ~」とか、リージョンをコピーするときについつい小節単位で切ってしまって、
「頭の音がでねぇ~」なったりするのも最初だけですw
すぐ慣れます。

次に、必ずしも曲の始まりは一拍目とは限らない、ってことを頭に入れておきましょう、理解していてもついつい忘れがちですね。
ここら辺はDTMならではというか、シーケンス故に陥りやすい落とし穴かと思います。
ギターやピアノ等演奏しながら作曲する人には少ないのかな、と思います。
便利なDTMですがシンコペ、変拍子等設定的な一手間かかるところ があるのは否めません、しかしめんどくさがらず、しっかり使いこなしましょう。

そうそう、前回の「敢えて外してます」は狙ってやりましょう!って内容を書いている時に思ったことがありまして、
みなさん、作曲やアレンジって不協和音に関しては結構シビアになるのに、リズムに関しては何となく…で良しにしていませんか?
って思いました。
不協和音が気持ち良くないと感じるように、リズムのズレも同じように気持ち良くないものです。
音階ほど目立たないと思っていると、聞く人が聞いたらバレてしまいます。
不協和音と同じくらいリズムにもシビアになってみるといいかもですね!

さて、何度も書いてますが、シンコペーションは簡単にリズムの変化が付けれる、非常に 便利な技法(演奏方法)です、
シンコペーションを生かして、カッコイイ、ノリの良い曲を作ったり演奏して下さい!

G-Life Musicではドラム、DTMの無料体験レッスンを行っています、お気軽にお問い合わせ下さい。

受付可能時間
  • 13:00〜22:00 (月曜定休日)
スクールの稼働時間は上記と異なります。
レッスン受講希望の方は、恐れ入りますが
お問い合わせから一度ご確認下さいませ。