シンコペーション

ドラム・DTM講師の佐藤です。

今日はシンコペーションについて少しお話ししたいと思います。
よく使われるのは、強拍である表拍の前の弱拍からタイで繋いで、リズムにおいて本来弱拍である裏拍に意図的にアクセントをつけて、
リズムが急に早くなった感じや、ノリを変化させる技法で、よく『シンコペ』や『食い』という表現をされることがありますね。
シンコペーションの概念について書くとそれだけで長くなるし、文章では表現しにくいので、知らない方は検索してくださいw
というのも今回はシンコペーションの概念ではなく、シンコペーションした場合の各パートあり方、絡み方についてお話ししたいと思います。
シンコペはドラマーにとって、 初期において苦労する一つの要素ですね、
ほとんどの人はシンコペするとリズムが前につんのめってしまうものです。
僕も高校時代にベーシストと二人でひたすらシンコペを合わせるって『嫌な』練習をしていたのを思い出します。
このように他のパートと合わせることによって、フレーズごとにシンコペしたことによる効果の違いにも理解が深まります。
例えばスタンダードな4分の4拍子で4分裏でシンコペした時に、ベースが白玉(全音符)で弾いている時と、
8分で刻んでいる時では、次の1拍目の裏のキック(バスドラム)があったほうがいいか、無いほうがいいかとか、
シンコペで半拍アクセントが変わっただけなのに、すごくリズムの隙間を感じたり、効果的に変化を感じられる為のポイン トなんかも
わかったりします。
当然ドラムとベースは切っても切り離せないので、二人の息が合うのはリズムにおいて絶対的に必要ですし、
リズムのことなので、ドラムやリズム楽器を演奏する人にとっては割と意識しやすいので、慣れて身についてしまえば、
自然に身体が反応するし、理論的にも理解できている事でしょう。

さて、それではギターやボーカル、ピアノ等はどうでしょう?
もちろんきちんと理解してる方も大勢いますし、
基礎の時点でドラマーよりも、むしろしっかりやっている方もいます。
特にピアノ経験者はリズムがしっかり備わっていて、理解している方が多いかな、と思います。
しかしながら、曖昧にしている方が多いのも事実かな、と感じます。
自分のフレーズのリズムは理解していても、他の楽器のリズムは気にしていない、とか、
ドラムはわりとわかりやすいので聞いているけど、それ以外を聞けてないとかが多いのではないでしょうか?
バンド等アンサンブルでは、やはり他の楽器への理解が重要になってくるので、
特にシンコペのような目立つところはしっかり他の楽器と絡めるようになるといいですね。

次回は今回のことを踏まえて、アレンジやDTMにおけるシンコペーションについてお話しできたらなと思います。

受付可能時間
  • 13:00〜22:00 (月曜定休日)
スクールの稼働時間は上記と異なります。
レッスン受講希望の方は、恐れ入りますが
お問い合わせから一度ご確認下さいませ。