はじめてのレコーディング

皆さんこんにちは
「G-Life Music」制作担当兼DTM講師の柴(シバ)です。

今日はレコーディングをはじめてされる方へ
アドバイスも含めたレクチャーを
少し書いてみようと思うのですが

皆さん、「レコーディング」と言うと
どんな場面を思い浮かべますか?

まずは
○スタンドマイク
○ヘッドホン
○譜面台
などなどが思い浮かぶのではないでしょうか。

もちろん大正解
それらの機材を使って
歌や楽器の演奏を録音して行くのですが

実は、一般的に
「レコーディング」と呼ばれる作業には
録音だけでなく
ほとんどの場合
「セッティング」や「編集作業」など
多くの工程が含まれている事が多いのです。

今日はその
「レコーディング」の工程について
詳しく書いてみようと思います。

例えば、歌い手さんのレコーディングを行う場合
順を追って書くと

○打ち合わせ(音源や歌詞の確認など)
○セッティング(録音用のデータのインストールや歌い手さんに合わせたマイクのセッティングなど)
○ピークチェック(体調や喉の状態を把握しながら歌い手さんの声量に合わせた調整)
○テストテイク録音(まさしく本番直前のテスト録音)
○レコーディング(ここが本番の録音工程です)
○フィードバックチェック(録音したものを歌い手さん自身にも聞いてもらってチェックします)
○エディット作業(録音された歌のタイミングやピッチの修正など)
○ミックス作業(録音された歌やコーラスとバックの音源のバランスを整える作業)
○マスタリング作業(バランス調整された音源をCDなどと同じレベルまで最終的な音量調整)

ざざっと書いてみましたが
「こんなにあるのかっ!?」と驚く方もいらっしゃるかもしれませんね(笑)

もちろん、厳密には
「レコーディング」と呼ばれる工程は
上記の中の5番目の工程だけですが

一般的には「レコーディング」と呼ばれる作業には
これだけの工程が含まれている場合がほとんどです。

実は、録音が済んだ段階でも
音源の完成までには50%あたりの進行度

メジャーアーティストともなれば
ミックスやマスタリングなどで
数ヶ月をかける場合も珍しくありません。

もちろん、時間をかければ良いと言う訳ではありませんが
それにしても、CDを完成させるには
録音作業以外にも、膨大な手間隙がかかっているのです。

これだけの工程を
プロレベルのレコーディングスタジオを借りて行うには
当然、何十万円~何百万円と言うお金がかかってしまいますが

当「G-Life Music」では
音楽初心者の方向けに
「ボーカルレコーディング基本パック」と言うコースをご用意しています。

価格もリーズナブルで
3時間¥10.000-と言うビギナー応援価格。

専用のボーカルブースで
思う存分あなたの歌を録音する事ができ

上記の作業工程も
簡易ミックス作業までは
時間の許す範囲内で全て行います。

また、もっと本格的にCDを作りたい!!
と言う方にも
「ボーカルレコーディング本格パック」と言うコースをご用意。

こちらは時間の許す範囲で
思う存分の録音はもとより
最終的にプロクオリティのCDレベルにまで
マスタリングが行われる
プロシンガーにも対応するコース。

是非一度、当「G-Life Music」で
あなただけのオリジナルCDを作ってみませんか☆

ホームページからお気軽に
お問合せ下さいね。

受付可能時間
  • 13:00〜22:00 (月曜定休日)
スクールの稼働時間は上記と異なります。
レッスン受講希望の方は、恐れ入りますが
お問い合わせから一度ご確認下さいませ。