ヘッドホンの選び方

皆さんコンニチハ
「G-Life Music」DTM講師兼制作担当の柴(シバ)です。

今日は、DTMとは切っても切れないアイテム
「ヘッドホン」
その選び方について書いてみようと思います。

昨今の音楽シーンには
本当に様々なジャンルやタイプの音楽が溢れていますが

その聞き方も千差万別
自宅に高級なリスニングルームをお持ちの方も居れば
100円で売っているイヤホンで充分と言う方も

でも、最近は
スマートフォンや携帯プレーヤーなどに
お気に入りのヘッドホンやイヤホンを挿して
聞いている方が
かなりの割合を占めているのではないかと
実感します。

と、言う事で今回は
特にDTMに適したヘッドホンの選び方なのですが

まずは、前提としてDTMをする人は
リスナーである前に
クリエイターである

それを念頭において進めて行くと
作り手と聞き手と言う
二つの立場がある事に気付きます。

そして、それぞれに
適した聞こえ方と言うものがあります。

リスナーとしては
「いかに気持ちよく聞けるか」
ヘッドホンやイヤホンの色や形にこだわったり
自分が気分よくきけるよう
低音や高音が調整済みであったり
本当に様々なタイプのモデルが販売されていますので
お気に入りのモデルを探して
選んで行けば良いのかなと思いますが

クリエイターとしては
「いかに原音に忠実か」と言う事に
目を向けて行かねばなりません。

音楽制作には
作曲・編曲・ミックス・マスタリングと
いくつもの工程がありますが

どの工程においても
まずは自分の作った音
自分が録音した音が
どんな音なのかを正確に捉えながら
各工程を進めて行き

最終的にリスナーにとって
「気持ちいい」と思えるバランスを
作って行きます。

もちろん、その最終工程では
リスナーと同じように
様々な環境でチェックして行きますので
いくつもヘッドホンやイヤホンを持っていても
決して損はないのですが

やはり、そこに行き着くまでは
「自分の耳」とも呼べる
良き相棒を見つけたいなと思います。

そこで、出てくるのが
「モニター」呼ばれるモデル

ほとんどがプロ用で
価格も1万円台から数十万円のモノまで
様々ありますが
単純に価格だけで判断できるモノでもないのが
難しい所

有名な所では
「SONY MDR-CD900ST」
プロ環境のスタジオには
必ずと言って良いほど置かれている
業界定番モデル

他にも
「AKG」や「SHURE」など
様々なメーカーがモニターヘッドホンをリリースしていますが

インイヤーのイヤホン型のモニターも
どんどん需要が増えている様です。

そして、肝心の選び方
もちろん、金額に応じたパフォーマンス要素は
否めない所ではありますが

「モニター」初心者の方は
まずは、1万円台で買える
モニターヘッドホン・モニターイヤホンを探して
手に入れてみるのが良いかと思います。

メーカーにより多少の音質の違いはありますが
金額はどうあれ
「モニター」と称されるモデルは
総じて「原音により忠実」と言うコンセプトの元
作られているモノ

はじめて聞いた時は
「何て個性の無い音なんだ、、、」
と、驚いたものですが

それこそが
「原音に忠実な音」

それを基準に音楽制作は行われ
最終的にリスナーは
より気持ちよく聞けるように
チューニングされたリスニング環境で
聞いています。

大型量販店などでは
親切に自分のプレーヤーをつないで聞けるよう
視聴機なんかも置いてあったりしますので

是非あなたも
「自分の耳」と呼べる相棒を
探してみて下さいね☆

受付可能時間
  • 13:00〜22:00 (月曜定休日)
スクールの稼働時間は上記と異なります。
レッスン受講希望の方は、恐れ入りますが
お問い合わせから一度ご確認下さいませ。