バージョンアップしました。

みなさんこんにちは
DTM講師の柴(シバ)です。

今日はDTM(デスクトップミュージック)ソフト自体に目を向けた記事を
書いて行きたいと思います。

DTMソフトと言っても
現在国内で入手可能なモノは
いくつもあるのですが

まず
それぞれのメーカー、それぞれのソフトで
若干の違いはあるものの
現行ほとんどのDTMソフトは
基本性能において必要充分であると言えます。

その中でも当スクールでは
Windowsの方には「cakewalk」社の「SONAR」シリーズ
Macの方には「steinberg」社の「cubase」シリーズを
それぞれ基本にしてレッスンを行っていますが

この両ソフトは
基本性能・拡張性・内蔵音源・使い勝手などなど
初心者から上級者まで
幅広い対応力とシェアを誇っていて

いわゆる万人向けと言っても
過言ではないような
扱いやすくクセのない

また、そうかと思えば
私の知りうる限りのプロアーティストさんも
かなりの確率で使っている程

いざ本格的な作りこみとなっても
充分に対応しうる
オールラウンダーとも言えます。

そんなDTMソフトですが
当スクールでは「cakewalk」社の「SONAR」を
最新版の「SONAR X3」にアップグレード致しました。

今までの使い勝手はそのままに
初心者の方にもよりわかりやすくなり
内蔵音源からミックス・マスタリング用のエフェクトに至るまで
大幅に拡張されています。

また、今回のアップグレードで特筆されるのは
なんと「Melodyne」と言う単体ソフトでも販売され
プロ環境においても実績のある
ピッチ解析・補正機能が搭載された事。

初心者の方には「何じゃソレ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
この機能は

例えば、すでに録音されたボーカルを
音のズレやタイミングのズレなど
ボタン一発でいとも簡単に修正してしまうほか

何と、ピアノやギターのような
和音楽器で録音されたフレーズの中から
自動で使われている音を全て解析して
その中の「一音」だけ変更する
何て事まで出来てしまうんです。

いざ使ってみると
かなりの精度で解析もしてくれるので
これなら実戦でも使えるレベルだなと
正直、驚きの機能でした。

こんな風に、DTMソフトは
日々進化を遂げていますが

現代音楽にはすでに
欠かせない存在となってきています。

一昔前なら、同じ事をやるのに
何十万・何百万とかかってしまう音楽制作が
パソコンとDTMソフトさえあれば
誰でもそれを可能にしてしまう。

是非あなたも
そんな時代の恩恵を受けた環境で
音楽作りにチャレンジしてみませんか?

と、言う事で今日は
DTM(デスクトップミュージック)ソフトの
お話でした。

受付可能時間
  • 13:00〜22:00 (月曜定休日)
スクールの稼働時間は上記と異なります。
レッスン受講希望の方は、恐れ入りますが
お問い合わせから一度ご確認下さいませ。