G-Life Music スタッフのブログ



DAWソフトの選び方

皆さん、こんにちは
G-Life Music DTM講師の 柴です。

さて本日は
何をいまさら感のあるテーマではございますが
あらためてDTMにとって
必要不可欠な「DAW」について
話してみようと思います。

地上はTVなんかでは
芸能人の「DAIGO」さんが
アルファベットを面白おかしく
使っていますが

「DAW」とはそもそも何ぞや!?

と言うところを含めて
説明していきますね。

「DAW」とは
Digital Audio Workstation の頭文字をとった略で

いわゆる
音楽制作ソフトの事を指しています。

有名どころから
新進気鋭の新しいソフトメーカーのものまで
数え上げたらキリが無いほど、、、

は、ちょっと大げさかもしれませんが
「DAW」と呼ばれる音楽制作ソフトは
世界中のメーカーから沢山リリースされています。

その中でも有名なものが

Cubase
Studio One
Logic
SONAR
Protools
Ableton Live
FL Studio

などがあり
当社もここに表記した上から4つは
レッスンで対応していますが

これからDTMを始めようと言うタイミングの方に
仕事柄、よく相談を受ける事があります。

「いったい、どれを選べば良いんですか?」

ですが、この質問に私はいつも
即答ができません。

それには理由がいくつかあるのですが
例えば

・プロを目指しているのか
・レコーディングがしたいのか
・作曲やアレンジがしたいのか

あわせてこんな要素も絡んできます

・予算
・音楽制作経験の有無
・すでに始めている友達がいるかどうか
・またその友達がどんなソフトを使っているか

他にもさらに

・パソコンはWindows それともMac
・楽器を弾ける 又は未経験
・etc

これに関しても数え上げれば
それこそキリがありません。

ですから、私は
その相談してくれた人にとって
最良の選択ができるよう
色んな質問をします。

少し小難しい話になってしまいましたが
やはり、一人ひとりにあったソフトは
少なからず存在しているし

そのソフトとの相性は
後の制作に大きく影響が出たりもします。

我々、G-Life Music では
無料体験レッスンを行っているので
そんな質問をしに来てくれるだけでもけっこうです☆

是非、一緒に
あなたにとっての最良な環境を
見つけて行きましょう☆

楽曲制作コンペ開催中!!

皆さん、こんにちは
G-Life Music DTM講師の柴です。

今日はゴールデンウィーク最終日

「旅行に行ったよー」という方や
「趣味に没頭したよー」という方
いやいや
「仕事で休みなんてないよー」という方

様々いらっしゃるかと思いますが
私はと言えば
多少のお休みはいただいたものの

曲を作るか
楽器をさわるか
料理をするか

ほぼ3択、なかなかの
「ひきこもりウィーク」でございました(笑)

さて、そんな私事はおいといて

当G-Life Musicでは
このゴールデンウィークより
楽曲制作コンペを開催しております。

参加できるのは
当スクールに通ってくれている方限定ではありますが

テーマに沿って
それぞれのクリエイターさんに
思い思いの楽曲を
自由な発想で作ってもらい
提出してもらいます。

厳正な審査の上
グランプリ曲には
賞金とオリジナルイラスト
さらには
プロモーション映像までが作られ
受賞者の方に贈られます。

○ボカロPになりたかったんだけど
 イラストや映像が作れない、、、

○腕に自信はあるけども
 機会がなかった、、、

○自分のレベルを客観的に知りたい

○よくわからないけれど
 何だか楽しそう

そんな方々も
まだまだ間に合います☆(笑)

まずは是非
当G-Life Musicの「無料体験レッスン」に
お越し下さい

新しいチャレンジは
きっとあなたにとって
新しい才能を見つけられる
良い機会になるはずです☆

右脳と左脳

皆さん、こんにちは
G-Life Music DTM講師の柴です。

今日のタイトルは
「右脳と左脳」

右脳は想像力
左脳は記憶力

それぞれの脳が得意な能力を
こんな風に例えられる事が多くありますが

これ、実は
音楽に大きく影響を与える
とても重要な要素なんだそうです。

意識的なのか無意識なのか
一流のプロの方が
こんな事を実践しているのを
見かけた事があるのですが

あるレコーディングエンジニアさんが
自分のミックスした曲を
スピーカーで確認している時に
片目を手で塞いで
その曲を聴いていたのです。

何故そんな事をしているのですか?
と、尋ねてみると

「理由はよくわからないが、聞こえ方が変わるんだよ」
と、答えてくれました。

また別の話で
いつか、一流のプレイヤーさんに
トレーニングに関して教わった事なのですが

右手よりも
特に左手をトレーニングする事で
より上手く演奏できるようになるのだそうな

そう言えば
先ほど書いたレコーディングエンジニアさんも
右目を塞いで聞いていましたね。

左手や左目
右脳は人間の左半身とつながっていて

音を含めた様々な刺激を
右半身ではなく
左半身から脳に伝える事で

より音楽的に捉えようとしているのではないかと
思う訳です。

もちろん、それらの行為が
科学的に立証されている訳ではありませんが
一流のプロの方の中には
それらを感覚的に実践されている方が居る様です。

私自身も
曲作りに詰まった時や
スランプに陥ってしまいそうな時

右目を閉じて音を聞いてみると
何かいつもとは違う音が
見つけられたりします。

全ては気の持ちようなのかもしれませんが

「どうも良いフレーズが出てこないなぁ」
なんていう時に
試しに右目を閉じてみて下さい

もしかしたら
眠れるあなたの才能が
目覚めるのかもしれません☆

頑張り過ぎないで行こう

皆さん、こんにちは
G-Life Music DTM講師の柴です。

晴れて新年度がスタートしましたが

新入社員として社会人になられた方
新入生としてご入学された方など

新しい環境に飛び込んでいく
めでたくもあり
また、大変な時期でもあります。

そんな方々に
これは、自分に対して言える事でもありますが

「頑張り過ぎないで行こう」

こんな言葉を送りたいと思います。

これは決して
楽をすれば良いとか
さぼってしまえば良いとか
そんな意味ではなく

僕自身が音楽の道でプロを目指した時に
教わった事でもあって

良い音楽を作るためには
良い心持ちができる状態が大切

その為には
いつも80%ぐらいでいられる事

つまり
ほんの少しだけ余裕を持つ事が大切なんだと。

つい油断していると
いつの間にかテンパってしまうぐらい
頑張りすぎてしまう事って
ありませんか?

頑張れる事は
もちろん良い事です

でも
頑張りすぎてしまう事は
良い事ばかりではありません。

新しい環境で
スタートダッシュをして

ふっと一息つけそうな時にでも
ぜひ思い出して下さい。

そんな頑張りすぎてしまうあなたには
きっと音楽の神様が
素敵なメロディーを与えてくれるんじゃないかと
思わずにはいられない
今日この頃です☆

好きこそものの上手なれ

皆さん、こんにちは
G-Life Music DTM講師の柴です。

何度かここをご覧になってくれている皆さんは
既にご存知かと思いますが

当、G-Life Musicは
音楽スクールでもあり
また、音楽制作会社でもありまして
楽曲制作などのお仕事もさせて頂いております。

私はそこで
制作責任者も務めているのですが
曲をスピーディーに作って行く為に
ピアノやギターを用いる事が多くあるのですが

先日、何と
私がメインで使っているギターが

「急に音が出なくなってしまったのです!!」

もうこれは一大事
私としては緊急事態と言える程
テンパってしまうような状況でした。

とりあえずは
予備のギターもあるので
何とか乗り越えられはしたものの、、、

私にとっては
「愛犬」ならぬ「愛機」でして

居ても立ってもいられない訳です。

当然、修理に出すべきなのですが
どこに任せるか悩んでいたところ

うちの講師の佐藤先生が

「できるかできないかわからないけど
 診断ぐらいはできるかもしれないので
 診てみましょうか?」

と、言ってくれたので
預ける事になりました。

結果は、ものの数日で
見事修理完了!!

内部回路を一つ一つチェックしてくれて
基本的な接続をやり直してみたら
治っちゃいました」

との事





「ぅあーーーりがとぉーーー!!」

思わず叫びそうになりましたが
感謝感謝です。

実は、佐藤先生は
ギターやベースなどのメンテナンスを
趣味にしていて

私が仕事やライブで使っているケーブル類なんかも
ほとんど彼が作ってくれていたりします。

「好きこそものの上手なれ」
と言いますが

まったくもってお見事です。

私も見習って
何か趣味を持ちたいなぁーと
思う今日この頃でございました☆

続・音楽監修というお仕事

皆さん、こんにちは
G-Life Music DTM講師の柴です。

先月のブログでご報告させて頂いた
中学生向け教材「歌まな」
歌まな

理科・社会の2バージョンが
好評発売中でございますが

当 G-Life MUsic は
その中に収録されている84曲全ての
音楽監修を担当させていただきました。

歌詞は現在の中学校科目と
完全に連動しており

曲を聴いて楽しむだけで
テストに出題されるような要点を
勝手に覚えてしまう
そんなアイデア満載の素晴らしい教材になっています。

そして、以前お伝えしておりました通り
収録曲の一部を無料でご視聴頂ける音源を
発行元の川源出版様が
ご用意してくれておりますので

下記リンクより
是非ご試聴下さい。

理科09 光の性質(光速片思いロック)

http://utamana.jp/demo/rika09.html

理科16 いろいろな化学変化(エレクトロ化学変化ダンス)

http://utamana.jp/demo/rika16.html

理科37 太陽系、宇宙の広がり(銀河系バラード)

http://utamana.jp/demo/rika37.html

社会03 古代国家の成立と東アジア(古代ロック)

http://utamana.jp/demo/shakai03.html

社会17 世界の姿(地球テクノ)

http://utamana.jp/demo/shakai17.html

社会41 私たちと経済(ジャズグルーヴ)

http://utamana.jp/demo/shakai41.html

我々、G-Life Music 制作部一同も
音楽の楽しさや勉強の楽しさを
あらためて教えてもらったような

そんな貴重な経験をさせてくれた
とても素晴らしい作品です。

是非お時間ある時にでも
聞いてみて下さいね☆

「歌まな 中学社会をボカロ42曲で学んじゃいますか?」(Amazon商品ページ)
単行本: 216ページ
出版社: 川源文庫 (2018/1/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4909494014
ISBN-13: 978-4909494016
発売日: 2018/1/22

「歌まな 中学理科をボカロ42曲で学んじゃいますか?」(Amazon商品ページ)
単行本: 212ページ
出版社: 川源文庫 (2018/1/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4909494006
ISBN-13: 978-4909494009
発売日: 2018/1/22

制作チームという考え方

皆さん、こんにちは
G-Life Music DTM講師の柴です。

あらためまして
当「G-Life Music」は
音楽スクールでありながら

同時に
音楽制作会社でもあるのですが

その制作部には
「G-Works」という制作チームがあり

・作詞
・作曲
・編曲
・レコーディング
・ミックス
・マスタリング

と、音楽制作に関わる全てのご依頼を
お受けしております。

私、柴はここで
制作責任者を務めているのですが

この会社の発足当初は
「何が何でも締め切りに間に合わせなければ!!」
などと、半ば空回りしつつのスタートだった気がします。

いくつかのご依頼を受けつつ
それに全力で取り組みながらも

一人で出来得る事には限界があって
結果に結びつかない事もしばしばありました。

私自身、責任感という言葉に
溺れていた時期もあったかもしれません。

ですが、気づいてみれば
私以上に頑張ってくれた制作部の仲間たちは
私が思う以上に大きな成長を遂げ

少しずつ結果も出始め
いつの間にかこの会社を支える
大きな力になってくれていました。

個人が
どれだけ頑張ったかではなく

制作チームとして
どれだけ力を発揮できるか

そこに気づく事が出来た時
今更ながら私も少し
成長出来たのかなと思います。

私の人生にとって
一番の傑作は

曲でもなければ
詞でもなく

この制作チーム
「G-Works」である

手前味噌ではありますが
そう胸を張って言える事を
誇りに思っています。

もちろん
スクールに通ってくれている皆さんも
我々にとって
掛け替えのない仲間

そんな人たちに囲まれて
音楽に携われている事に
心から感謝しています。

これを読んでくれているあなたも
是非私たちと一緒に
音楽に触れてみませんか?

きっとそこには
まだ見ぬ新しい仲間が待っているはずです☆

楽器が弾けたとしたら

皆さん、こんにちは
G-Life Music DTM講師の柴です。

今回は「前回と言ってる事が違うじゃねぇかっ!!」
と、ツッコミがたくさん聞こえてきそうではありますが

「楽器が弾けたとしたら」
DTMで音楽を作る場合に
どんなメリットがあるのかを解説してみようと思います☆

一昔前までは
楽器が弾けるのは当たり前で
その上で音楽理論をしっかりと熟知し
五線譜を書ききれるところまでが
作曲家に求められる最低限のスキル

何て言う時代でありました。

もちろん今でも
上記のスキルがあるに越した事はありませんが

DAWソフトさえあれば
上記のスキルが一つも無くても
大袈裟でなく、作曲は出来てしまいます。

ここまでは前回のブログでも書いた事ですが

さらに、もしあなたが
一つでも楽器が弾けたなら

その楽しさは何倍にもなると
個人的には感じています☆

そんな私も
ギターを中学の頃から断続的に続けていまして

余談ですが、実は私
日本が世界に誇るギターメーカー
「FUJIGEN(フジゲン)」さんのホームページで
ギタリストとして紹介して頂いておりますので
そちらも是非ご覧下さい

FUJIGEN(フジゲン)さんアーティスト紹介ページ
fujigen

で、本題にもどりますが

例えば私の様にギターを弾く方は
DAWソフトの中で
憧れの有名ギタリストの使用している
ギターアンプやストンプペダルを

実機さながらの大迫力・大音量で
弾きまくれたり、そのまま録音できたり☆

ピアノを弾く方などは
ヨーロッパに現存する伝説のグランドピアノ
ベーゼンドルファーを
チューニングやメンテナンスを気にする事なく
一日中弾きたおせたり☆

はたまた
現実には有り得ない様なサイズの
パイプオルガンを
現実には有り得ない様な仮想空間
例えばスタジアムに持ち込んで
演奏したりと

プレイヤーにとって
まるで夢の様な話ですが

これがいとも簡単に
慣れれば、ものの数分で
準備できてしまいます。

DTMと言うと
・何かややこしくてめんどくさそうだな
・パソコンてあまり詳しくないからきっとわからないだろうし

何て言うイメージをお持ちの方も
少なからず居らっしゃる事でしょう

もちろん
最初から何の苦労も無しに
すぐに出来るなんて事は言いません

多少の勉強と努力は必要です

でも、それは
いくつかの手順を覚えるまで。

是非私たち G-Life Music と一緒に
最初のハードルを乗り越えてみませんか

その先には必ず
あなたが思い描いた音を
自由に楽しめる時間が待っています☆

楽器が弾けないとできませんか?

皆さん、こんにちは
G-Life Music DTM講師の柴です。

私は職業柄
本日のブログのタイトルの様な質問を
沢山受けるのですが
毎回キッパリとこう答えています

「楽器が弾けなくても大丈夫です☆」

当然、弾けた方が
有利である事は間違いありませんが

DTMで音楽を作るのに
楽器が弾ける事は
必須ではないと断言できると思います。

その理由も実際に
いくつかありまして

cubase・Studio One
ProTools・Logic・etc、、、

各メーカーがリリースしている
昨今のDAWソフト自体には

リズムパートを自動で作ってくれる機能や
コードを入力するだけでピアノを鳴らしてくれる機能
はたまた
そのコード自体を自動的に提案してくれる機能など

楽器をまったく弾けなくても
音楽理論をまったく知らなくても

簡易的な作曲であれば
いとも簡単に作れてしまう時代になりました。

私も含めた、職業作曲家にとっては
言わずもがな厳しい時代とも言えますが(笑)

それでも私は
作曲や編曲のハードルがどんどん下がってくれる事を
望んでいます。

一人でも多くの人が
作ること・生み出すことの楽しさを
感じてもらえるようになってくれれば

「CDが売れないから音楽は難しい」
などと言うビジネスライクな観点を越えた

「音を楽しむ」という
音楽の本来の姿を
取り戻せると信じています。

「音楽を作るなんて、そんな難しそうな事できる訳がない」

そう感じた事がある方は
是非私たちG-Life Musicと共に
それは誤解であった事を証明してみませんか?

そんなあなたには少なからず
まだ見ぬ感性が備わっていると思うのです☆

音楽監修というお仕事

皆さん、こんにちは
G-Life Music DTM講師の柴です。

当G-Life Musicはご存知の通り
DTMを主体とした音楽スクールを運営しており

プロを目指している方
趣味で習っている方など
とても多くの生徒さんが通ってくれていますが

実は
音楽スクールであると同時に
音楽制作会社でもありまして
私はそこで
制作責任者も務めているのですが

かねてより制作を進めておりましたプロジェクト作品が
晴れてリリースされる運びとなり
発売日も決定致しましたので
宣伝も兼ねてのご報告をさせて頂きます。

歌まな 中学社会をボカロ42曲で学んじゃいますか?(Amazon商品ページ)

歌まな 中学理科をボカロ42曲で学んじゃいますか?(Amazon商品ページ)

この作品は中学生向けの教材として
作られているものなのですが

上記、社会・理科の教材には
それぞれに42曲ずつの曲が収録され
そのどれもが
学術的見解と音楽的見地より
新しく書き下ろされた曲です。

ごく端的に説明するならば
「曲を聞いているだけで勉強がはかどる!!」
そう断言できる作品になっています。

かく言う我々G-Life Music 制作部一同も
自分たちが中学生の時にこの教材があれば
必ず成績は上がっていただろう
(※あくまで個人の感想です)

と、半ば言い訳がましくはありますが(笑)

手前味噌ながら
そう強く感じる事ができる
良い作品ができたと自負しております。

出版社様からのご依頼から始まった
この作品のプロジェクトは
我々G-Life Musicを含め
非常に多くの方が携わる
一大プロジェクトでありましたが

大変光栄な事に我々G-Life Musicは
この両作品全ての音楽制作・監修を担当させて頂きました。

プロジェクトチーム全員にとって
はじめての経験がとても多く

チャレンジ精神を大いに必要とする
トライ&エラーの連続

誰一人欠けても成立しなかったであろう状況の中
粘り強く続けてきた結果生まれたこの作品には
自分たちの子供の様な感覚を感じざるを得ませんが

一人でも多くの方に聞いてもらえる事を
願うばかりでございます。

小中学生がいらっしゃるお宅へのプレゼントにはもちろんの事
大人が聞いても
あらためて勉強をしてみたくなる様な
楽しさと知的好奇心をかき立てられる内容になっていますので
是非チェックしてみて下さい。

「歌まな 中学社会をボカロ42曲で学んじゃいますか?」
単行本: 216ページ
出版社: 川源文庫 (2018/1/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4909494014
ISBN-13: 978-4909494016
発売日: 2018/1/22

「歌まな 中学理科をボカロ42曲で学んじゃいますか?」
単行本: 212ページ
出版社: 川源文庫 (2018/1/22)
言語: 日本語
ISBN-10: 4909494006
ISBN-13: 978-4909494009
発売日: 2018/1/22

※収録曲の一部を
無料でご視聴いただけるサイトも用意されているとの事なので
詳細確認が取れ次第お知らせいたします。


受付可能時間
  • 13:00〜22:00 (月曜定休日)
スクールの稼働時間は上記と異なります。
レッスン受講希望の方は、恐れ入りますが
お問い合わせから一度ご確認下さいませ。