G-Life Music スタッフのブログ



シンセサイザーとDTM

皆さんこんにちは
G-Life Music DTM講師の柴(シバ)です。

今日は鍵盤楽器について
少しお話してみようと思うのですが

まず、鍵盤と言って思いつくのが
ほとんどの方はテレビや学校なんかでよく見る
「グランドピアノ」ではないでしょうか。

あとは、大きな教会に設置されている
「パイプオルガン」
ジャズなんかでは多く用いられる
「エレクトリックピアノ」

他にも「アコーディオン」や「鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)」
木琴の「マリンバ」や
鉄琴の「チェレスタ」なんてものもありますね。

まだまだ、他にも
世の中には数え切れない程のタイプの
鍵盤楽器が沢山存在していますが

今回はDTMに関連する鍵盤楽器
「シンセサイザー」について
少し解説してみようと思います。

まずは根本的に
「シンセサイザー」とは何なのか?

これは、厳密に言うと
「音を発生させ、また変化させる機能(シンセサイズ)を持つ機械」の事で

実は、一般的に「シンセサイザー(以下シンセ)」と呼ばれるモノの多くは
それに鍵盤が取り付けられていて
音の発生や変化をコントロールできるように作られたモノ
であると言えます。

さらに昨今の「シンセ」は
音を作り出す他に、様々な機能が取り入れられています。

例えば、ほとんどの「シンセ」は
ピアノやギター、オルガンやバイオリンなど
様々な楽器の音が出せるようになっていますが

これは上記の(シンセサイズ)とは違い
あらゆる楽器の音を録音したデータを
鍵盤に充て付けて演奏できるようにした
(サンプルプレイバック)と言う機能です。

中には、ドラムの音や
はたまた、動物の鳴き声まで演奏できてしまうようなモノも
存在しています(笑)

何だか小難しくなってしまいましたが
簡単に言ってしまえば
それらの機能が全て一つになって
鍵盤で演奏できるモノが
いわゆる「シンセ」と呼ばれるモノです。
※(そうでないモノもありますのでご購入の際はご注意下さい)

そして、ここからがDTMとの関連なのですが
実は、国内で販売されている
ほとんどの「シンセ」には
「MIDI(ミディ)」と呼ばれる端子が設けられていて

これは、DTMソフトと色んなデータを送受信しあう
「MIDIケーブル」を接続するためのものなんです。

これによって
「シンセ」で演奏したプレイを
DTMソフトでリアルタイムに記録したり

その逆で、DTMソフトに入力したデータを
「シンセ」に演奏させたり

それ以外にも
音色の変更や曲のスタート・ストップなど
あらゆるパラメーターの設定が
「シンセ」とDTMソフトで双方向に行えてしまいます。

つまり、「シンセ」は
演奏するためだけのモノではなく
DTMソフトの入力装置としての機能も有しているので

演奏にもよし
ライブにもよし
打込みにもよし
はたまた
色んな楽器の音も出せてしまう

言わば
楽器界のマルチプレーヤーですね☆

しかも、メーカーによっては
「シンセ」購入時にDTMソフトの簡易版が
サービスで同梱されている場合が多く

ROLAND社製品には「SONAR」の簡易版
YAMAHA社製品には「cubase」の簡易版などが
同梱されているモデルも多く見受けられます。

もしかしたら
あなたがお持ちの「シンセ」にも
インストールディスクが同梱されているかも
しれませんね。

これから購入を検討されている方も是非
DTMソフトが同梱されているかどうか
チェックしてみるのも良いかもしれません。

と、言う事で
簡単にDTMとの関連性を書いてみましたが

DTMも「シンセ」も
どちらも、これから音楽を始める方や
すでに音楽を楽しんでいらっしゃる方にとって

とても心強い
何でもこなしてくれるパートナーに
きっとなってくれる事と思います。

まだ触った事が無い方も
是非一度、楽器屋さんなどで
「シンセ」の楽しさに触れてみて下さいね☆

音楽に触れよう

ドラム・DTM講師の佐藤です。

今日は音楽に関わるという事について話してみたいと思います。
みなさんは音楽とどう関わっていますか?
「曲を作ってます」「ギター弾いてます」「カラオケで歌ってます」
「好きなアーティストを聞いたり応援してます」…等々
様々な関わり方があると思いますが、歌う事と聞く事を除いて楽器を演奏をする人って全体の何%でしょう!?
10%ぐらい!?もっと少なく5%ぐらい!?
ハッキリした数字はわからないですが、
僕の予想だとたぶんすごく少ない割合だと思います
ただし、
音楽を「やってみたい」とか「昔ちょっとやってみたけど…またやってみようかな?」
って思ってる人はその何倍もいると思っています。
しかし、いざ始めようとすると準備段階で躓いたり、初歩で躓いて諦めてしまう、
諦めてしまったという人もまた多いのではないでしょうか?
それって環境が左右する事であって、向いていないとか才能が無いって事では無いと僕は思ってます。
そして、その環境が理由で音楽に触れるチャンスを逸するのはすごく残念だし勿体ないと思います。
DTMに関しても始めるのが手軽な時代になったとはいえ、初心者の方が自分一人でゼロからスタートするのは中々障壁も多いのですが、
G-Life Musicでは一人一人のレベルに合わせた個人レッスンの他にも受講者の方にはルームレンタルも行っています、
自分で機材を揃えなくても手軽に音楽に触れられる環境になってくれれば良いなと思っています!

バージョンアップしました。

みなさんこんにちは
DTM講師の柴(シバ)です。

今日はDTM(デスクトップミュージック)ソフト自体に目を向けた記事を
書いて行きたいと思います。

DTMソフトと言っても
現在国内で入手可能なモノは
いくつもあるのですが

まず
それぞれのメーカー、それぞれのソフトで
若干の違いはあるものの
現行ほとんどのDTMソフトは
基本性能において必要充分であると言えます。

その中でも当スクールでは
Windowsの方には「cakewalk」社の「SONAR」シリーズ
Macの方には「steinberg」社の「cubase」シリーズを
それぞれ基本にしてレッスンを行っていますが

この両ソフトは
基本性能・拡張性・内蔵音源・使い勝手などなど
初心者から上級者まで
幅広い対応力とシェアを誇っていて

いわゆる万人向けと言っても
過言ではないような
扱いやすくクセのない

また、そうかと思えば
私の知りうる限りのプロアーティストさんも
かなりの確率で使っている程

いざ本格的な作りこみとなっても
充分に対応しうる
オールラウンダーとも言えます。

そんなDTMソフトですが
当スクールでは「cakewalk」社の「SONAR」を
最新版の「SONAR X3」にアップグレード致しました。

今までの使い勝手はそのままに
初心者の方にもよりわかりやすくなり
内蔵音源からミックス・マスタリング用のエフェクトに至るまで
大幅に拡張されています。

また、今回のアップグレードで特筆されるのは
なんと「Melodyne」と言う単体ソフトでも販売され
プロ環境においても実績のある
ピッチ解析・補正機能が搭載された事。

初心者の方には「何じゃソレ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
この機能は

例えば、すでに録音されたボーカルを
音のズレやタイミングのズレなど
ボタン一発でいとも簡単に修正してしまうほか

何と、ピアノやギターのような
和音楽器で録音されたフレーズの中から
自動で使われている音を全て解析して
その中の「一音」だけ変更する
何て事まで出来てしまうんです。

いざ使ってみると
かなりの精度で解析もしてくれるので
これなら実戦でも使えるレベルだなと
正直、驚きの機能でした。

こんな風に、DTMソフトは
日々進化を遂げていますが

現代音楽にはすでに
欠かせない存在となってきています。

一昔前なら、同じ事をやるのに
何十万・何百万とかかってしまう音楽制作が
パソコンとDTMソフトさえあれば
誰でもそれを可能にしてしまう。

是非あなたも
そんな時代の恩恵を受けた環境で
音楽作りにチャレンジしてみませんか?

と、言う事で今日は
DTM(デスクトップミュージック)ソフトの
お話でした。

ギタリストの方に朗報

こんにちは、「G-Life Music」DTM講師の柴(シバ)です。

今日はギタリストの方に向けての記事を書いてみようと思うのですが

実は私自身、現在もアーティストとしての活動を行っておりまして
昨日も名古屋港の野外音楽イベントに出演させて頂きました。

ステージに上がる時は、ギターを弾くのですが
晴天の中、開放された場所で大きなギターアンプから音を出すのは
とても気持ちの良いものです。

しかしながら、私ももちろんですが
自宅環境などではせっかくギターアンプをもっていらっしゃる方も
よほどの防音設備でも無い限り
大きな音を出して思いっきりギタープレイ!!

なんて、なかなか難しいですよね。

ところが、昨今のDTMソフトや
それに付随するアンプシュミレーター・エフェクターなどは
本当に高機能なものが多く

なんと、中には無料で使えてしまうものも
いくつか存在しています。

たとえば
ギターのケーブルをパソコンにつなげば(要オーディオインターフェース)

ヘッドホンの中から地を這うような轟音のディストーションサウンドや
ディレイ・フランジャーをかましたクセのある面白いサウンドなんかが

簡単に再現できてしまうんです。

そして
自分のギタープレイをそのまま録音したり
他のアーティストの音源に合わせてプレイしたり
などなど

DTMはギタリストにとって
もはや自宅スタジオと言って良い位の環境を
いとも簡単に与えてくれます。

当スクールでは、ギタリストの方はもとより
シンガーソングライターの方
ボカロPを目指している方
ちょっと趣味でやってみたいと言う方から
完全プロ指向の方まで

幅広く対応し
一人一人の個性にあったカリキュラムを
お作りさせて頂いておりますので

是非是非お気軽に
無料体験レッスンに遊びに来て下さいね☆

まずは準備から

みなさんこんにちは
DTM講師の柴(シバ)です。

今日はDTM(デスクトップミュージック)をはじめるにあたっての
必要知識を簡単にレクチャーしてみようと思います。

DTMと言うと、機材やソフトが沢山必要で
設定なんかも多くて難しそう、、、

なんて声をよく耳にしますが

少しやってみると
意外と簡単に音を出せてしますんです☆

まず、基本的に必要なモノは3つだけ

○パソコン
○DTMソフト
○オーディオインターフェイス

これだけが最低限必要なのですが

実はここ数年で
フリー(無料使用可能)のDTMソフトや
フリーの仮想オーディオインターフェイスなんかも
インターネットで誰でも簡単に使えるようになりました。

と、言う事で
上記最低限必要な3つの機材のうち
2つはインターネットから無料で手に入れられるので

パソコンさえ持っていれば
誰でも簡単に

しかも無料ではじめる事が出来てしまうんです☆

もちろん
無料版のソフトには録音できる音の数や
使える音色にいくつかの制限がありますが

それでもDTMをはじめるには
必要充分な機能が備わっています。

当スクールでももちろん
無料環境で整えられるDTMのレクチャーから
プロ仕様ソフトでのレッスンまで
幅広く対応していますので

少し興味があるんだけど、、、

と言う方も是非お気軽に
無料体験レッスンにお越し下さいね☆

8月10日グランドオープン

講師-柴 徳人

閲覧ありがとうございます。

皆様はじめまして
「G-Life Music」
DTM講師兼、制作担当の柴(シバ)と申します。

いよいよ2014年8月10日
名古屋エリアに

待望のDTMスクール
「G-Life Music スクール」がOPEN致します。

当スクールはDTM(デスクトップミュージック)と呼ばれる
パソコンでの音楽制作レッスンを主体とした音楽スクールです。

 

DTMと言うと少し堅苦しいかも知れませんが
昨今はパソコンで気軽に音楽制作が出来てしまう時代になりました。

楽器をやった事がなくても
音楽知識がなくても
マウスさえさわれれば大丈夫☆

一年もすれば、どなたでも
自分だけのオリジナル曲が作れてしまうようになります。

「興味はあるけど、パソコンで音楽って難しそう、、、」
「やってみたいけど、楽器をやったこともないし、、、」

そんな初心者の方でも安心☆

当スクールDTMコースでは
プロ・メジャー活動経験を持つ講師陣が
音の出し方から機材の使い方
メロディーの作り方から曲の完成まで
一つ一つわかりやすく丁寧にトレーニングして行きます。

もちろん、既に始めている
中級・上級者の方にも
シンセの音作りや作曲・アレンジ法
レコーディング・ミックス・マスタリング手法などなど

あらゆるテクニックを身に付けて頂けるよう
スキルアップコースとしても
ご利用頂けます。

コース内容も充実☆

DTMコース
出張DTMコースや
ボーカロイドトレーニングコース
ドラムレッスンなどなど

それぞれのコースに
無料体験レッスンをご用意しておりますので

是非お気軽に
「ご予約の流れ」より
ご連絡下さい。

 

また、「G-Life Music」では
オリジナル音源制作も承っております。

プロデューサー様向けの楽曲制作
番組用のオリジナルBGM・ジングル制作
アーティスト様向けの
作詞・作曲・アレンジなどのご依頼も

「素早く迅速にハイクオリティー」をモットーに
ご制作致します。

 

一人でも多くの方に
「音楽の楽しさを知って頂きたい」

そんな想いを持ったスタッフがお待ちしております
是非一緒に、音楽を楽しみましょう☆

DTM講師兼、制作担当 柴 徳人 8月10日グランドオープン の続きを読む


受付可能時間
  • 13:00〜22:00 (月曜定休日)
スクールの稼働時間は上記と異なります。
レッスン受講希望の方は、恐れ入りますが
お問い合わせから一度ご確認下さいませ。