G-Life Music スタッフのブログ



ドラマーのススメ①

ドラム・DTM講師の佐藤です。

前回のブログでドラムとDTMの関係に少し触れたのですが、
今回はもう少し深く話してみたいと思います。
まずDTMには大きく2通りの使用方法があります、1つはその名の通り曲を作る事です。
リズム楽器やコード楽器、メロディー等を入力又はレコーディングし、ミックス、マスタリングを経て
PC上で一曲完成させる、いわゆる一般的にDTMと聞いてイメージされるものです。
もう1つは生のバンド演奏時に一緒に音を出す、いわゆるシーケンサーとして使う同期データの作成です。
これは本来シーケンサーを用いていたものがDTM(DAW)の高性能化によって取って変わるようになったので
DTMの定義からは外れてしまうのかもしれませんが、現在多くのバンド、アーティストがプロ、アマ問わず取り入れている手法です。
この手法を用いる時に重要となるのがドラマーです、ドラマーがどれだけ理解があるかによって可能性を大きく広げる事も、
逆に狭めてしまうこともあります。
そもそもドラマーはメトロノーム(クリック・ドンカマ)に対してタイトに叩けるのが基本なので、レッスンでもメトロノーム
を使用して練習しますが、もちろん最初からできるものでもなくトレーニングやコツを得ることも重要になりますし、
上達すればリズムを引っ張っていわゆる『うねる』ドラムを叩くようになります、さらにバンドでのセッションの場合、
他の楽器をコントロールしグルーヴをつくるのもドラムの大きな役割です、
同期の場合これをやりながら絶対的なテンポ(BPM)と共存していかなければならないのです、基本通りタイトに叩けられれば
特に問題ないのですが慣れていないと不快に感じるドラマーも多いと思います。
しかし慣れたりコツをつかんで上手くメトロノームと付き合えるようになると、気にならなくなり、むしろ助けてもらえるありがたい
存在になるのです。
少し余談ですが、同期をやったりレコーディング経験豊富なドラマーと話をすると本当にバッチリ嵌っている時は
メトロノームが『消える』感覚を多くのドラマーが持つみたいです、上手く付き合えている時はメトロノームが鳴っているかすら気にしてない、
むしろメトロノームも含め全てが自分に合わせてきてるんじゃないかな?ぐらい状態になると本当に気持ちがいいものなのでドラマーには
ぜひ経験してほしいですね!
さて、そのコツを掴む為にDTMの知識があるとすごく役に立ちます、というのも
同期がこれ程一般的ではなかった頃、自分がドラムを始めた頃もそうだったのですが、「他の楽器をよく聞きなさい」と教わったし、
今でも基本的には前記したようにグルーヴを出すのに他の楽器を聞くことは基礎として大事です。
ただ当時はギター、ベース、ボーカル、他にあってもシンセ(ピアノ)、ブラスの多くてもせいぜい5、6音色ぐらいなものでした、
しかし現在同期を使うと10音色ぐらいザラで、多いと20音色ぐらいあるので、とてもじゃないけど全て聞き分ける事は不可能です。
そのときに何が鳴っているのかを把握する、リズムを構成しうる楽器は何が入っているかを理解する為にも、
シーケンサーとしてDAWを使用する場合、ドラマー自身が扱えるぐらいの知識を持っておくとコツが掴みやすいし、自分自身を助けることになると思います。
長くなったので今回はここまでで次回そのポイント辺りからお話ししようと思います、興味ある方はお付き合いください☆

ボーカロイドっていったい

こんにちは
G-Life Music DTM講師の柴(シバ)です。

今回はDTM業界はもとより
現在では巷でもポピュラーになりつつある
「ボーカロイド」について
お話して行きたいと思います。

すでにご存知の方も沢山いらっしゃるかと思いますが
「ボーカロイド」(以下ボカロ)とは

わかりやすく言うと
音階データと歌詞データを入力すると
それを人の声で歌いあげてくれる
「ヴァーチャル・ボーカリスト」のようなモノ

2003年に初代ボカロがリリースされ
それから幾度もバージョンアップを重ね
現在では音声合成エンジンも
第3世代まで進化し
かなり人間の歌声に近づいてきました。

私、自身
「ボカロ」を使い始めたのは
第2世代からですが

それでも、当時は
現行の第3世代の様な人に近い歌声を表現するのに
音階データや各種パラメーターを
かなりの手間をかけて入力しなければ
なりませんでした。

ニコニコ動画で一世を風靡した
「ボカロP」(ボーカロイド・プロデューサーの略)
と呼ばれるアーティスト達も

「ボカロ」をより上手く歌わせるために
「調教」と言う言葉を使っていたのは
業界でも有名な話ですが

それほどまでに手間のかかっていた
「調教」も
現行、第3世代の「ボカロ」は

簡単な音階データ入力でも
より人間らしく
また、歌い方のバリエーションまでも
ごく簡単に設定できてしまい
ポップス・バラードから
激しいロックまで
いとも簡単に歌いこなしてくれます。

一昔前からは
想像も出来なかった驚くべき進化を遂げている
DTM業界

ここまで来ると
DTMソフトと「ボカロ」さえあれば

歌が歌えなくても
楽器が出来なくても

その気になれば
フルメンバーのロックバンド曲や
雰囲気溢れるバラード曲

はたまた
グルーブ感満載のEDMやR&Bなんかも

たった一人で作る事が出来てしまいます☆

マウスさえ使えれば
誰でもこんな事が出来てしまう
夢の様な本当の話

是非あなたも
あなたにしか作れない
オリジナルな一曲を

G-Life Music で一緒に作ってみませんか☆

まずは無料体験レッスンにお越し下さい

そして
あなたのメロディーが音になる楽しさを
是非感じてみて下さい☆

相反するのも

ドラム・DTM講師の佐藤です。

いきなりですが、ドラムやDTMを通じて伝えたい事は多々あります!
単純に音楽の楽しさやDTMって別に難しくないですよ!
とか出せばキリがないんですが、そんな中の一つに、
もし叶うなら生楽器しかできない方にDTMを伝えれたらいいな、と思っています。
様々なアーティストさんや音楽関係者と関わる中で度々思うことが、DTMに対しての理解が二極化していることです。

DTMを駆使して様々な活用をするアーティストさんと、愚直に生にこだわるアーティストさん。
どちらが正しいわけでもないし、どちらも尊敬に値します。
個人的には生にこだわるアーティストさんの方がカッコいいとすら感じます。
例えですが、「俺ギターしか弾けないけど誰にも負けないぐらいカッコいいフレーズ弾けるぜ!」って方のが好きだったりします。
ですが、そんな風に思える人の方が少ないのではないのでしょうか?
どこかDTMに対して「自分にはムリ。」とか「そーゆーの苦手なんだよね…」とか「機会があれば。」って思っていたりするのではないでしょうか。
と言うのも自分自身が過去そうだったからです。
ドラムってバンドの中ではいちばんデジタルとは縁遠い楽器だと思っています、
現在のDTMでのドラムトラックの再現性は別にしても、ドラマーで打ち込みのサウンドが好きな方は少ないのではないかな?と思います。
僕も過去はどこか毛嫌いする部分があったし、リズムを扱う人間として打ち込みの方が生より良いなんて認めたくない部分もありました、
ただ僕には幸いにもDTMに触れる機会があり、また必然性もあり、環境的に経験を積む機会を与えられて、
紆余曲折ありましたが、今現在ドラムとDTMを扱うことができています。
そして自分自身、音楽での可能性を大きく広げることができました。
楽器ができてDTMを始めたいと思ってる方は思いきって一歩を踏み出してみてはどうでしょうか!!
楽器ができるという素晴らしい才能と、DTMへの理解という才能をG-Life MUsicを通じて一人でも多く繋げれたら幸いです☆

VSTプラグインとは

皆さんコンニチハ
「G-Life Music」DTM講師の柴(シバ)です。

毎回、DTMを主体にお送りしている
この連載ですが

今回も例に漏れず
今日は「VST」についてのお話をしてみようと思います。

まずは「VST」とはいったい何ぞや?
と言う所からなのですが

「VST」とは「ヴァーチャル・スタジオ・テクノロジー」の略称で
一般的にDTMの世界では
○VSTインストゥルメント
○VSTエフェクト
この2つを指しています。

まずは
「VSTインストゥルメント」について

これは、いわゆる
ソフト音源やソフトシンセの事を指し
DTMソフト内で働いてくれる
言わば、仮想楽器の事です。

種類やタイプもありとあらゆるモノがあり
ピアノやオルガンはもちろん
ギターやベース、はたまた人の歌声まで演奏する事ができ

その気になれば
一人でオーケストラまで作れてしまうと言う
スグレモノ。

そして、もう一つの
「VSTエフェクト」

こちらはと言うと
簡単に言ってしまえば
仮想エフェクターの事

分かりやすいところでは
ギタリストがよく使っている
足元あたりにあるフットペダル型のモノから

プロ環境のスタジオぐらいでしか見かけない
ヴィンテージコンプレッサーなどを
ヴァーチャルシュミレートしたモノの事で

こちらも世の中にある
ほぼ全てのエフェクターと呼ばれるモノは
一通り網羅していると言っても過言ではないくらい
多種多様なタイプがあります。

と、言う事で「VST」とは
まぁ簡単に言ってしまえば
パソコンの中に
あらゆる楽器とエフェクターを再現出来てしまう
規格の事で

当然ながら
国内で入手可能なDAWソフトのほとんどには
最低限(と言うと語弊があるかもしれませんが)の
「VSTインストゥルメント」と「VSTエフェクト」が
内蔵されているのですが

実はこれ
日本のみならず、世界的に
とても大きなマーケットが存在していて

DAWソフトメーカー以外の
サードパーティー製の「VST」が
多く存在しています。

例えば
ピアニストの方にとっては憧れの
「スタインウェイ・グランドピアノ」や

ギタリストの方なら誰しも一度は触ってみたい
「60’sレスポール」

果ては、あのビートルズが使っていた
「メロトロン」であったり

世界に数台しかないフルサイズの
「パイプオルガン」まで

1鍵1鍵、1音1音、精密・精巧に録音され
何と、ボディの響きまで再現されたものが
いくつも出回っています。

しかも
最近の「VST」の進歩は目まぐるしく
「VSTインストゥルメンと」に至っては
「ラウンドロビン」と言う機能が付いていて

単調に打ち込みをしたデータを
あたかも人が丁寧に弾いているように
ランダマイズにほんの少しタッチを変えてくれたり、、、

本当に僕らの出る幕も無くなってしまいそうなぐらい
素晴らしい「VST」が発売されています。

少し、小難しくなってしまいましたが(笑)

「VST」は今や
音楽に携わる者のほとんどが
その恩恵を受けている程
素晴らしい発明であり

また、現代では
誰もが気軽に簡単に手に入れられるほど
普及しています。

是非、あなたも
我々と一緒に
あの「憧れの楽器」の音を
体感してみませんか☆

当スクールでは
無料体験レッスンをご用意しておりますので
是非お気軽にご連絡下さいね。

と、言う事で
今日は「VST」のお話でした。

自分の基準

ドラム・DTM講師の佐藤です。

今日は自分の基準についてお話してみようと思います。
ドラムもDTMも続けていれば必ず行き詰まったり、伸び悩んだりするものです、
前回それを解消する方法のひとつに、自分の基準と比べるというお話をしました。
もちろんその基準は人それぞれで、プロを目指すのであれば自分の中により高い基準を置き、その基準が対象が求めている
基準をクリアしているかを常に意識しておくべきなのですが、
個人的に楽しみたいのであれば、自分の中で納得、満足できる基準を持てれれば良いと思います。
例えばあるフレーズをコピーしたいとしたら、より完璧・完全に再現できるように完コピを目指したいのか、
何となくニュアンスを再現したいのか、によっても基準は大きく変わってきますね。
どちらも自分の中に基準をしっかり持てることがとても大事なのですが、実際なかなかそうはいかないと思います。
先の例にしても、どこまでできたら完コピなのか?本当にできているのか?とか、
何となくと言っても本当にあっているのかな?って疑問が生じることが多々あると思います。
そんな時は他の人の基準を借りてみてください、友達でも家族でもいいと思います。
よりたくさんの意見を得ることで、自分の基準が備わっていくものです。
ただ、やはり音楽をやってない人に意見を聞くのって恥ずかしかったりしますよね、
そんな時はぜひ僕らに聞かせてくださいね、僕らが経験して得てきた基準を、皆さん一人一人違う
『自分の基準』作りのお役に立てたらうれしいです。

音を楽しんでこそ

こんにちは、DTM講師の柴(シバ)です。

すでに、この「G-Life Music」講師ブログをご覧になって
当スクールに通い始めるようになってくれた方もいらして

何だかとても嬉しく、そして
うかつにあいまいな事なんて書けないな、と
改めて気を引き締めて連載して行こうと思います。

と、言う事で
今回はいつもの小技やちょっとしたテクニック話とは違い

私自身、初心を振り返って
DTMを始めた頃の回顧録の様なものを書いてみようと思うのですが

私がDTMを始めたのは2003年
当時「SONAR3」と言うソフトを購入し
訳もわからず、とにかく説明書を読みながら
ちゃんと音を出すまでに
1ヶ月以上かかった苦い思い出があります(笑)

それでも
自分のパソコンからピアノの音が出た時は
思わず「やったぁ!」と叫んでしまったものですが

それからと言うもの
音楽理論や作曲法なども勉強し
独学ではありましたが
なんとかオリジナルの曲を作れるようにまでなりました。

けれど
その曲が完成したのはDTMをはじめてから
何と3年以上もかかっての事。

あの頃は今の様に
ソフトや参考書どころか
インターネットすらまだ創世記で

情報やヒントはもちろん
まわりにDTMを始めている人もほとんどおらず

「パソコンで音楽なんか、、、」と
音楽仲間にすら笑われながら

そんな環境での孤軍奮闘でもありました。

しかし、そんな周囲の状況もどこ吹く風(笑)

DTMを始めて
音の出し方
録音や打ち込みの仕方
曲の作り方
アレンジの仕方と

地道に続けて
一つ一つ身に付けて行くたび
楽しさはどんどん膨らみ

その後、晴れて
2010年ロックバンドでメジャーデビューを果たし
某有名アニメのテーマソングなども
担当させて頂く事ができました。

もちろん紆余曲折もありましたが
やはり思い返しても

「継続は力なり」と言う
偉大な言葉に尽きます。

そして、私自身が現在まで続けてこられたのは
何よりも音楽は「楽しい」と思う気持ち。

「音」を「学」ぶのではなく
「音」を「楽」しんでこそ「音楽」

それを、一人でも多くの人に
伝えて行きたい。

我々「G-Life Music」のスタッフ一同は
全員その想いを胸に
皆さん一人一人と接して行きたいと考えています。

是非あなたも
私達と一緒に

「音」を「楽」しんでみませんか?

好きなこと

ドラム・DTM講師の佐藤です。

レッスンを始めるにあたって、必ず好きなジャンルをお尋ねします。
明確に答えられる方とそうではない方がいます、当然特に好きなジャンルがないという方もみえるので、
無理に答える必要はないのですが、
自分がどのジャンルが好きなのかを知っておくことはとても重要だと思います。
なぜかと言うと、好きな事と得意なことは必ずしも一致するとは言えませんが、
ほとんどの場合好きな事は自然と身に付きやすいし、無意識に好きな方向へ考え方やプレイが
寄っていくので、回数をこなすことが多くなり、その結果得意と言えるようになると思います。

最初はただ好きだった→気づけば得意な事になってた

ってなるのが理想的だと思います。
もちろん得意と言い切れるようになるまでは時間もかかるし、壁もあるかと思います。
ただひとつでも得意なことが身に付くと、それは自分の中でとても大きな力になってくれます。
音楽を続けていく中で行き詰ったり困ったりした時に自分の基礎、基本、基準になるからです。
その自分の基礎を発展させたり、基本に戻ってみたり、基準と比べたりすることでクリアしたり、
身に付いたりする事が多々あります。
そんな得意な事ができあがったら素敵ですね!
好きなジャンルや楽器がある方はぜひぜひ追及してみて下さい!
G-Life Musicでは全く楽器が始めての方にも当スクール独自のヒアリング方法で
あなたの好きな事や、やりたい事を導き出しています。
ぜひ、あなたの好きな事聞かせてください☆

シンセサイザーとDTM

皆さんこんにちは
G-Life Music DTM講師の柴(シバ)です。

今日は鍵盤楽器について
少しお話してみようと思うのですが

まず、鍵盤と言って思いつくのが
ほとんどの方はテレビや学校なんかでよく見る
「グランドピアノ」ではないでしょうか。

あとは、大きな教会に設置されている
「パイプオルガン」
ジャズなんかでは多く用いられる
「エレクトリックピアノ」

他にも「アコーディオン」や「鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)」
木琴の「マリンバ」や
鉄琴の「チェレスタ」なんてものもありますね。

まだまだ、他にも
世の中には数え切れない程のタイプの
鍵盤楽器が沢山存在していますが

今回はDTMに関連する鍵盤楽器
「シンセサイザー」について
少し解説してみようと思います。

まずは根本的に
「シンセサイザー」とは何なのか?

これは、厳密に言うと
「音を発生させ、また変化させる機能(シンセサイズ)を持つ機械」の事で

実は、一般的に「シンセサイザー(以下シンセ)」と呼ばれるモノの多くは
それに鍵盤が取り付けられていて
音の発生や変化をコントロールできるように作られたモノ
であると言えます。

さらに昨今の「シンセ」は
音を作り出す他に、様々な機能が取り入れられています。

例えば、ほとんどの「シンセ」は
ピアノやギター、オルガンやバイオリンなど
様々な楽器の音が出せるようになっていますが

これは上記の(シンセサイズ)とは違い
あらゆる楽器の音を録音したデータを
鍵盤に充て付けて演奏できるようにした
(サンプルプレイバック)と言う機能です。

中には、ドラムの音や
はたまた、動物の鳴き声まで演奏できてしまうようなモノも
存在しています(笑)

何だか小難しくなってしまいましたが
簡単に言ってしまえば
それらの機能が全て一つになって
鍵盤で演奏できるモノが
いわゆる「シンセ」と呼ばれるモノです。
※(そうでないモノもありますのでご購入の際はご注意下さい)

そして、ここからがDTMとの関連なのですが
実は、国内で販売されている
ほとんどの「シンセ」には
「MIDI(ミディ)」と呼ばれる端子が設けられていて

これは、DTMソフトと色んなデータを送受信しあう
「MIDIケーブル」を接続するためのものなんです。

これによって
「シンセ」で演奏したプレイを
DTMソフトでリアルタイムに記録したり

その逆で、DTMソフトに入力したデータを
「シンセ」に演奏させたり

それ以外にも
音色の変更や曲のスタート・ストップなど
あらゆるパラメーターの設定が
「シンセ」とDTMソフトで双方向に行えてしまいます。

つまり、「シンセ」は
演奏するためだけのモノではなく
DTMソフトの入力装置としての機能も有しているので

演奏にもよし
ライブにもよし
打込みにもよし
はたまた
色んな楽器の音も出せてしまう

言わば
楽器界のマルチプレーヤーですね☆

しかも、メーカーによっては
「シンセ」購入時にDTMソフトの簡易版が
サービスで同梱されている場合が多く

ROLAND社製品には「SONAR」の簡易版
YAMAHA社製品には「cubase」の簡易版などが
同梱されているモデルも多く見受けられます。

もしかしたら
あなたがお持ちの「シンセ」にも
インストールディスクが同梱されているかも
しれませんね。

これから購入を検討されている方も是非
DTMソフトが同梱されているかどうか
チェックしてみるのも良いかもしれません。

と、言う事で
簡単にDTMとの関連性を書いてみましたが

DTMも「シンセ」も
どちらも、これから音楽を始める方や
すでに音楽を楽しんでいらっしゃる方にとって

とても心強い
何でもこなしてくれるパートナーに
きっとなってくれる事と思います。

まだ触った事が無い方も
是非一度、楽器屋さんなどで
「シンセ」の楽しさに触れてみて下さいね☆

音楽に触れよう

ドラム・DTM講師の佐藤です。

今日は音楽に関わるという事について話してみたいと思います。
みなさんは音楽とどう関わっていますか?
「曲を作ってます」「ギター弾いてます」「カラオケで歌ってます」
「好きなアーティストを聞いたり応援してます」…等々
様々な関わり方があると思いますが、歌う事と聞く事を除いて楽器を演奏をする人って全体の何%でしょう!?
10%ぐらい!?もっと少なく5%ぐらい!?
ハッキリした数字はわからないですが、
僕の予想だとたぶんすごく少ない割合だと思います
ただし、
音楽を「やってみたい」とか「昔ちょっとやってみたけど…またやってみようかな?」
って思ってる人はその何倍もいると思っています。
しかし、いざ始めようとすると準備段階で躓いたり、初歩で躓いて諦めてしまう、
諦めてしまったという人もまた多いのではないでしょうか?
それって環境が左右する事であって、向いていないとか才能が無いって事では無いと僕は思ってます。
そして、その環境が理由で音楽に触れるチャンスを逸するのはすごく残念だし勿体ないと思います。
DTMに関しても始めるのが手軽な時代になったとはいえ、初心者の方が自分一人でゼロからスタートするのは中々障壁も多いのですが、
G-Life Musicでは一人一人のレベルに合わせた個人レッスンの他にも受講者の方にはルームレンタルも行っています、
自分で機材を揃えなくても手軽に音楽に触れられる環境になってくれれば良いなと思っています!

バージョンアップしました。

みなさんこんにちは
DTM講師の柴(シバ)です。

今日はDTM(デスクトップミュージック)ソフト自体に目を向けた記事を
書いて行きたいと思います。

DTMソフトと言っても
現在国内で入手可能なモノは
いくつもあるのですが

まず
それぞれのメーカー、それぞれのソフトで
若干の違いはあるものの
現行ほとんどのDTMソフトは
基本性能において必要充分であると言えます。

その中でも当スクールでは
Windowsの方には「cakewalk」社の「SONAR」シリーズ
Macの方には「steinberg」社の「cubase」シリーズを
それぞれ基本にしてレッスンを行っていますが

この両ソフトは
基本性能・拡張性・内蔵音源・使い勝手などなど
初心者から上級者まで
幅広い対応力とシェアを誇っていて

いわゆる万人向けと言っても
過言ではないような
扱いやすくクセのない

また、そうかと思えば
私の知りうる限りのプロアーティストさんも
かなりの確率で使っている程

いざ本格的な作りこみとなっても
充分に対応しうる
オールラウンダーとも言えます。

そんなDTMソフトですが
当スクールでは「cakewalk」社の「SONAR」を
最新版の「SONAR X3」にアップグレード致しました。

今までの使い勝手はそのままに
初心者の方にもよりわかりやすくなり
内蔵音源からミックス・マスタリング用のエフェクトに至るまで
大幅に拡張されています。

また、今回のアップグレードで特筆されるのは
なんと「Melodyne」と言う単体ソフトでも販売され
プロ環境においても実績のある
ピッチ解析・補正機能が搭載された事。

初心者の方には「何じゃソレ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
この機能は

例えば、すでに録音されたボーカルを
音のズレやタイミングのズレなど
ボタン一発でいとも簡単に修正してしまうほか

何と、ピアノやギターのような
和音楽器で録音されたフレーズの中から
自動で使われている音を全て解析して
その中の「一音」だけ変更する
何て事まで出来てしまうんです。

いざ使ってみると
かなりの精度で解析もしてくれるので
これなら実戦でも使えるレベルだなと
正直、驚きの機能でした。

こんな風に、DTMソフトは
日々進化を遂げていますが

現代音楽にはすでに
欠かせない存在となってきています。

一昔前なら、同じ事をやるのに
何十万・何百万とかかってしまう音楽制作が
パソコンとDTMソフトさえあれば
誰でもそれを可能にしてしまう。

是非あなたも
そんな時代の恩恵を受けた環境で
音楽作りにチャレンジしてみませんか?

と、言う事で今日は
DTM(デスクトップミュージック)ソフトの
お話でした。


受付可能時間
  • 13:00〜22:00 (月曜定休日)
スクールの稼働時間は上記と異なります。
レッスン受講希望の方は、恐れ入りますが
お問い合わせから一度ご確認下さいませ。