G-Life Music スタッフのブログ



誰しも

ドラム・DTM講師の佐藤です。

先日、依頼をいただいたレコーディングのエンジニアをさせてもらいました。
この日は劇団の方のレコーディングで総勢十数名の方たちがお見えになりました、
僕自身の現役での経験を含めこれだけの大人数のレコーディングはなかなか機会が無く、とても良い経験をさせてもらいました。
大人数ということもあって時間もタイトで歌い手さんはとてもプレッシャーだったと思います、
中にはレコーディング経験が初めてという方も見えてマイクセッティング中なんかに緊張がビシビシ伝わってきたりもしました。
逆に流石と言うような、慣れている経験者もみえて、ルーム内には様々な空気が流れていました。
力を出し切れた方、プレッシャーに呑まれた方、本番に強いタイプ、弱いタイプ、
様々だと思うのですが、絶対確かな事は
最初は誰しも初心者なんですよね。
本番で力が出せる人、出せない人、その違いはほんのちょっとの経験の差かもしれません。
特にレコーディングなんかは経験がもろに出ますし、メンタルの状態が思いっきり影響するので、
経験を重ねる事が一番のスキルアップに繋がると思います。
とはいえ僕はプレイヤーとして録られる側のレコーディングはめっちゃ苦手なんですけどねw

レコーディングってやっぱお金かかるし、なかなかそんな機会ないし、て思われる方も多いと思いますが、
G-Life Musicでは極限まで料金を抑えて、音楽が好きな人、歌うことが好きな人のお力添えができるようなレコーディングプランも御用意しています。
本格的なボーカルレコーディングはもちろん、レコーディングの練習にもお使いいただけます。
気軽にお問い合わせお待ちしています☆

音楽を通した出会い

皆さん、こんにちは
「G-Life Music」制作担当兼DTM講師の柴(シバ)です。

「音楽を通した出会い」と題しましたが
今日は、私自身が今までに経験した
素晴らしい出会いについて書いてみようと思います。

もちろん、どんな世界にも
いわゆる「たら・れば」なんてものは
存在しないのかもしれませんが

私の場合は、逆に
「もし音楽をやっていなかったら」
と、考える事があります。

去年から始まった、この「G-Life Music」はもとより
遡れば、中学生の頃
「もし、ギターを始めていなければ」

スクールに通ってくれる皆さん
多くのアーティストの皆さん
お仕事を与えてくれるクライアントの方々

そして、共に歩んでくれる仲間たち

そんな掛け替えの無い人たちと
出会う事はなかったのかもしれません。

もともと、音楽が好きだった
だからこそ必然的にそうなったとも言えますが

「音楽」は私に
楽しさだけでなく

人生にとって宝物とも言うべき
大切な人たちとの出会いを与えてくれました。

私はよく、通ってくれる生徒さんに
こう伝える事があります

アーティストは
「聞いてくれる人が居るからこそ存在して居られる」と。

たとえ楽器が弾けなくても
歌が上手く歌えなくても

DTMは頭や心の中に流れるメロディーを
「カタチ」にしてくれます。

もし、あなたの中に
何となくでもメロディーが流れているのなら

是非その素敵なメロディーを音にして
誰かに聞いてもらいませんか?

もしかしたら、そこには
まだ見ぬ大切な人との出会いが
待っているかもしれません。

「音楽を通した出会い」

これを読んでくれたあなたとも
私たち「G-Life Music」は
既に出会っています。

そんな、あなたと会えるのを
我々スタッフ一同は楽しみにしております。

ホームページリニューアルです。

皆さん、こんにちは
「G-Life Music」DTM講師兼制作担当の柴(シバ)です。

新年のご挨拶からかなりの時間を要してしまいましたが
当「G-Life Music」ホームページがリニューアルされ
よりわかりやすくなりました。

改装期間中はこのブログも更新できずな状態でありましたが
それでもアクセスして頂いた皆様
ありがとうございました。

晴れてリニューアルも完了し
今後もDTMにまつわるちょっとした小技から
制作に関する事

また、徐々に増えてきている
「G-Life Music スクール」の生徒さんたちの
驚くべき成長ぶりなどについても
触れて行きたいなと思っていますので

是非、今後とも
宜しくお付き合い下さい。

新年も、とうに明け
すでに1月も終わろうと言う現在ですが

当「G-Life Music」のスタッフ一同は
ここに来て激しさを増す寒波もなんのその☆

普段はレッスンと言う状況で
立場としてはあくまで
我々は講師でありますが

それでも
生徒さんたちの「想い」や「情熱」に
毎日の様に刺激を受け

そんな皆さんの成長に負けじと
日々我々も、勉強・精進の毎日を送っております。

やはり、いつも初心に立ち返れば
何を以ってしても
「音楽」とは「音を楽しむ」と
まさしく読んで字の如く

そんな気持ちを忘れずに
今年も一年
全力疾走して参る所存ですので

今後ともお付き合いの程
宜しくお願い致します。

G-Life Music
制作担当兼DTM講師 柴(シバ)

新年のご挨拶

2015年
あけましておめでとうございます

「G-Life Music」DTM講師兼制作担当の柴(シバ)です。

旧年中は本当に
沢山の方々に支えられ
当「G-Life Music」も
無事新年を迎える事が出来ました。

これも一重に
皆様のおかげと感謝ばかりの
スタッフ一同ですが

発足当初より掲げる
「一人でも多くの人に音楽の楽しさを伝えたい」

その想いを胸に
今年も「G-Life Music」は
より一層の飛躍を目指し
昨年以上に精進して参ります。

この新しい年が
皆様にとってより良い年になります様
心からお祈りし

また、皆様への感謝を持って
今日から始まる一年365日

一日一日を大切に
全力で取り組んで行く所存ですので

本年もどうか
皆様の変わらぬご愛顧の程
宜しくお願い致します。

「G-Life Music」スタッフ一同

2014年総括

皆さんこんにちは
「G-Life Music」DTM講師兼制作担当の柴(シバ)です。

2014年総括と題して
本年最後の更新となりました。

我々、「G-Life Music」は
今年2014年に発足し
楽曲制作事業
レコーディング事業
音楽スクール事業と
音楽に関する様々な事業展開を開始致しました。

もちろん、事業を開始するまで
そして、開始してからも
決して順風満帆ではなく

むしろ、向い風の中
真っ暗闇に漕ぎ出すような状況でもありました。

けれど
この2014年大晦日現在
こうして事業展開を続けていられるのは

お仕事を与えてくれるクライアント様
スクールに通ってくれる沢山の生徒の皆さん
応援し支えてくれる家族や仲間達

そんな多くの方々のおかげに
他なりません。

たとえ向い風でも
帆を張った船は
前へ進む事が出来ると言います。

この先どんな状況を迎えようとも
我々「G-Life Music」スタッフ一同は

そんな応援し支えてくれる
全ての皆様への感謝を忘れず

音楽を通して社会に貢献出来る様
一丸となって全力で精進して行く所存です。

スタッフ一同を代表し
この場をお借りして
2014年関わってくれた
全ての方々へお礼を申し上げます

「皆様、本当にありがとうございました。」

来る新年
皆様、良いお年をお迎え下さい。

「G-Ife Music」スタッフ一同

実現したいこと

 

ドラム・DTM講師の佐藤です。

最近G-Life Musicとして今後やっていきたい事をスタッフみんなで考えています。
その中の一つに交流会的なことができればな、と考えています。
ミュージシャン同士、アーティスト同士で話をして意見を得るのは音楽をやっていく中で重要な事の一つだと思います、
別に難しい話ではなく日常会話から得られることってたくさんあって、
例えば、どんな音楽が好き?みたいな会話でも自分の知らない音楽を得るチャンスがあるかもしれないし、
共有できればよりその音楽を深く知ることもあると思います。
自分自身、他のアーティストさんや講師、生徒さんからもたくさんの情報を得ていますし、
個人的に生楽器をやっている人と話すとすごく好奇心が掻き立てられる感じです。
あと生徒さんで自分より良い機材を買ったって話を聞くと、めちゃくちゃ羨ましいですw
DTMをやっていく中で、シンセの音色作りが好きな人、ドラムの打ち込みが好きな人、ボカロの調教が好きな人、
またはDTMは正直好きじゃないけどギターを重ねるのは好きだ、みたいな人。
色々なタイプの方がいて、本当に十人十色なのでDTMを扱う者として他のDTMユーザーと話すことは純粋に楽しい事だと思います。
先にも書いたように難しく考えず、気軽に交流できる機会ができればいいいな、と思っていますので、
実現した際にはぜひ参加してくださいね☆

 

鼻歌作曲

皆さんこんにちは
「G-Life Music」DTM講師兼制作担当の柴(シバ)です。

今日は作曲について
そんな中でも
「鼻歌」で作曲してしまおう☆

と言う、コラムを書いてみようと思います。

「作曲」と言うと
プロの作曲家や音楽家の仕事で
とても簡単にできる訳ないよね、、、

大抵はこんなイメージを持っていらっしゃる方が
多いのかなぁ~、なんて思いますが

実は、「作曲」自体は
至って簡単なモノであったりもします。

例えば
町を歩いていたり
家事をしていたり
お風呂に入っていたり、、、

そんな時にふっと出てくる
「鼻歌」

そう、それはすでに
あなたが作ったメロディーであり
曲なのです☆

もちろん、それだけでは
人に聞かせられる状態ではありませんが
それでも、れっきとした「曲」

あとは、そのメロディーに
伴奏をつけ
歌詞をのせ
録音をして
データをまとめて、、、

何て作業を必要としますが

こんな風にして産まれてきた曲も
世の中には沢山存在します。

僕もよく、車を運転している時に
ふと口ずさんだ、何気ない鼻歌を

「あ、これ良いかも」と
すぐに車を止め
携帯電話に録音し
家に帰ってから伴奏をつけ
曲にした事が何度もあります。

もちろん
伴奏をつけたり
録音したりと言う作業には
知識や経験、機材が必要になってきますが

言うなれば
「鼻歌」さえ歌えれば
あなたも作曲家になれると言う事。

必要な知識や経験など
まずは当スクールにお任せ頂いて

是非あなたも
作曲家の仲間入りをしてみませんか☆

お勧めプラン

ドラム・DTM講師の佐藤です。

前回はコースについてお話しましたが、今回は個人的にお勧めの「ウエディングプラン」についてのお話です。
結婚式で新郎が新婦に「オリジナル曲のプレゼント」ってありますよね!それは語り弾きだったりすることが多いと思うのですが、
どうせならバックの演奏もつけちゃおう!さらにCD化までしちゃおう!ってコースです。
とはいえ語り弾きできるぐらいのキャリアや知識があれば後はDTMの操作を覚えるだけなのですが、
全く音楽の知識や経験の無い方でも大丈夫です!イメージ作りから操作まであなたの右腕として
全力でバックアップしますので、相手に気持を届けたいという想いさえあれば絶対に曲はできます!
期間も通常2~3ヶ月かけてじっくり詰めていきたいのですが、お急ぎの場合最短三週間もあれば間に合います。
ただどうしても譲れない部分もあります、それはあなた御自身で歌詞を書いて欲しいということ。
もちろんこちらでお手伝いやアドバイス、コツはお教えしますが、
可能な限りあなたの言葉、あなたの気持ちを曲に盛り込んで欲しいですね。
対象は基本的には新郎から新婦、又は新婦から新郎へなのですが、
もちろん二人で今の気持ちを曲にして取っておくのも、
御両親等お世話になった方への感謝の気持ちを表すのも、
大切な友達へのはなむけの言葉を綴るのも、どんな方でも大丈夫ですよ。
個人的には金婚式は難しいかもですが結婚10周年記念とか20周年記念とかに曲を贈れたら素敵な事だと思います。
このように「ウエディングプラン」というコース名ですが、特に結婚や婚約にこだわることなく対応しますので、
ちょっと豪華な手紙、ぐらいの認識で気軽にたずねてもらえればと思います。
オプションで簡単なCDジャケット制作もできますし、みんなに配りたい!って方には本格的なCDプレスまでお世話いたします!
僕が音楽を長い間やってきて思うのは、今の気持ちを表現できるのは本当に今しかない、と感じます、
後から思い出してもそれはリアルな現状ではないので、
今、現在あなたが思う気持ちを曲という形で具現化するお手伝いができたら幸いです。
とにかく一番大事なのは相手に伝えたい、という気持ちがあれば後はこちらにお任せ頂ければきっと満足していただける
あなただけの一曲が作れますよ☆

コースについて

ドラム・DTM講師の佐藤です。

今日はG-Life Musicのコースについてちょっと説明します。
これまでシバ先生と自分のブログでDTMについて色々な事を書いてきましたが、
DTMと一言で言ってもやれることは数限りなくあります。
数限りなくあるので、知りたい事もみなさん千差万別だと思います、
曲を作りたい、アレンジを覚えたい、ミックス・マスタリングのコツが知りたい、
初音ミクに代表されるボーカロイド(ボカロ)を使って歌わせたい、
等などあると思うのですが、細分化すると、
曲を作りたい、の中にも、全く音楽に触れた事がないのか、何かの楽器経験の有無でも
大きく変わってきますし、
アレンジでもシンセでのアレンジなのか、リズム的なアプローチでのアレンジなのか、
はたまたオリジナルなシンセの音作りをしたいのか等など、
本当にたくさん要素がありすぎて全要素に対して個別にコース分けはほぼ不可能なので、
まとめて『DTM・ボーカロイド コース』と表記しています。
例えばギターを弾ける方が、
バックのリズムを作って、ベースも鳴らして、そこにギターを録音して、自分で鼻歌フンフンのせて
曲を作りたいのだけど…自分はどのコースになるんだろう?
なんて方も、DTM・ボーカロイド コースです。
前回までの自分のブログで触れていたような
ドラマーでシーケンスとしてDTMを使えるようになりたい!
って方も基本的にはDTM・ボーカロイド コースです。
という感じで難しく考えず、
知りたい事ややりたい事のほうが重要なので、
あまりコース名に囚われず気軽に体験レッスンに来ていただければ幸いです☆

流行の音色

皆さんこんにちは
「G-Life Music」DTM講師兼制作担当の柴(シバ)です。

今日はDTMには数多存在するあらゆる楽器音色
その中でも、「流行の音色」について書いてみようと思います。

過去のブログにても、音色については何度か書いてきましたが
音楽にも時代を反映した流行がある様に
その音色にもまた流行と言うものが存在します。

あくまで
DTMに関してではありますが
多少、独断もまじえつつ(笑)
書いてみようと思います。

と、言っても
やはり音楽である以上
ヒットチャートとは切っても切れない関係で

もちろん
各年代を代表するようなアーティストや
その年に流行った曲やジャンルなどを
踏襲していますが

やはり、現時点では
世界的なムーブメントでもある
「EDM」(エレクトロ・ダンス・ミュージック)に
大きく左右されているようです。

その「EDM」と言う言葉自体は
あまりに多様化するダンスミュージック全体に対して
後から産まれてきたものではありますが

そのジャンルを確固たるものに押し上げた
代表的なアーティストと言えば
「David Guetta」や「Skrillex」などではないでしょうか。
(他にももちろん沢山のアーティストが居ますが、、、)

彼らが使う音色は非常に独創的で
それまで聞いた事もなかったような音色を
楽曲の中に盛り込みながら
オリジナリティ溢れる作品を次々と生み出して来ました。

最新の後発ソフト音源の中には
彼らの音色を模したプリセットすら
収録されているほどです。

では、いったいどんな音なのか?

百聞は一見にしかず、ならぬ
百文は一聴にしかず(笑)

是非聞いてみて下さい
いったい、どんなシンセをどのようにイジれば
こんな音が作れるのか?!

何て悔しい気持ちによくさせられたものです(汗)

少し前置きが長くなりましたが
結論を言うと、現代的な音色の流行とは

「この楽器(ソフト)のこの音」ではなく
「オリジナリティ溢れる音色」と言えるかもしれません。

でも、これは
あながち間違いでもなく

すでに何十年も前に完成されてしまった
世にある生楽器の数々

スタンダードに成りうる、新しい楽器は
ここ数十年開発されず

進歩してきたのは
むしろ電子楽器

そこから考えれば必然なのかもしれませんね。

まるで恐竜の鳴き声の様な
時に荒れ狂う大海原の様な

そうかと思えば
静かな場所で時折感じる耳鳴りの様な

まだ誰も聞いた事のない音色を
アイデアや工夫だけで作れてしまう楽器

それがDTMでは再現できてしまいます。

曲でもなく
歌でもなく

あなたにしか作れない
あなただけの音を

是非作ってみませんか?


受付可能時間
  • 13:00〜22:00 (月曜定休日)
スクールの稼働時間は上記と異なります。
レッスン受講希望の方は、恐れ入りますが
お問い合わせから一度ご確認下さいませ。